ストレスによる肌トラブルを解消して美肌を目指す方法

ナイトアイボーテはドンキAmazon楽天・公式通販で最安値はどこ!?

【売れに売れて★遂に6万個突破!!!】ナイトアイボーテは本当に二重になる!とガチな口コミでも評判!大人気の夜用二重美容液です。ナイトアイボーテは寝てる間に二重にクセづけるから昼間は自然でメイクも自由♪♪下を向いたり瞬きしてもバレナイんですよ♪プロのメイクアップアーティストも絶賛のナイトアイボーテを売ってるお店と最安値をチェック!ドンキヤ薬局・ドラッグストアの市販のお店から楽天・Amazon、Yahoo!ショッピングの通販まで!値段を徹底調査して一番安く買えるお店で購入&レビューしてます♪

ストレスと肌トラブルの関係

自分の弱い部分にストレスの症状がでる。

ストレス
現代の社会では、ストレスを感じないでいることのほうが難しく、誰でも少なからずストレスを抱えて生活していることでしょう。
ストレスは肌荒れやくすみ、不眠、生理の乱れ、下痢、胃痛など、肌だけでなく、身体にさまざまな症状を引き起こします。
ストレスによる症状は、その人の弱い部分に現れるようです。
ストレスによって活性酸素が増加したり、ホルモンバランスが崩れたりするためです。

また自律神経が乱れ、免疫力が低下することもさまざまな不調の原因になります。

ストレスは溜め込まず、少しでも解消する方法を探す。

美味しい食事でストレス解消
ではストレスはどうやって解消すればよいのでしょうか?
ストレスの原因を避けられれば良いのですが、多くの場合、避けられないからストレスなのです。
そこでお勧めなのは、あれこれ考えるよりも、適度に身体を動かし、きちんと食べ、ゆっくり眠る生活を心がけることです。
きちんと食べて身体が健康になれば、心の不安も減るはずです。
適度に運動をして、身体が程よく疲れれば、よく眠れるようになり、気持ちも自然にリラックスするでしょう。

香りでストレスをやわらげる

アロマポット
ストレスの解消法として、香りを取り入れることも試してみる価値がありそうです。
香りは脳の感情に関与する部分に働きかけ、リラックス効果をもたらします。
手軽に試すことができるのは、ハーブティー。
ミントは胃腸に良く、気分をスッキリさせる効果があります。
カモミールは鎮静効果があり、喉にも良いものです。
いろいろ研究してみるのも楽しいでしょう。
またアロマテラピーも生活に取り入れやすい方法です。
アロマテラピーは植物から抽出した精油を使って心や身体の調子を整える療法です。
アロマポットなど専用の道具が必要と思われがちですが、お風呂に一滴精油を垂らしたり、ハンカチに香りをしみこませて枕元に置いたりと、簡単にできる方法もあります。


ストレス解消におすすめの香り

以下に、代表的な精油を紹介するので、香りを選ぶ参考にしてみください。
※妊娠中の人は、ラベンダー以外のものは使用を控えましょう。

ラベンダー

優れた鎮静作用があり、緊張やストレスを和らげたり、不眠のときに眠気を誘ったりするのに役立ちます。
優しい花の香りはおなじみで、最もポピュラーで使用しやすい精油です。

カモミール

気分転換をするのによい「カモミールローマン」と、肌荒れや生理痛を改善するのに役立つ「カモミールジンジャーマン」があり、香りは微妙に違います。
どちらにも安眠を促す作用があります。

ジャスミン

エキゾチックな香りが魅力です。
女性ホルモンのバランスを整え、生理によるトラブルを和らげます。
また、気持ちの高ぶりを鎮め、躁鬱を緩和する作用もあります。

ローズマリー

すがすがしい香りによって失われた気力が回復し、集中力を高めることができるとされています。
肌のむくみやたるみの改善にも役立ちます。

ローズ

フローラルな香りは、落ち込んだ気持ちを癒やし、明るくポジティブな気分をもたらします。
また、肌にも良く、肌の再生を高めるとされています。

ペパーミント

清涼感のある香りは、リフレッシュにぴったりです。
怒りなどの感情を鎮め、心を落ち着かせる作用があります。
ニキビなどの炎症にも良いとされています。

ベルガモット

柑橘系のフルーティな香りです。
高ぶった神経を鎮め、緊張を和らげる一方で、心を穏やかに明るくする作用もあります。
肌に使用したあと日光に当たるとかぶれを引き起こすことがあります。

イランイラン

オリエンタルで濃厚な香りが特徴です。
不安から気持ちを開放し、緊張やストレスを和らげる作用があるとされています。
かぶれることがあるので、肌が弱い人は注意しましょう。

大切なのはますストレスを自覚すること!

ストレスを自覚する
日々の生活のなかで、ストレスがたまるのが当たり前になっていて、それを自覚していない人が時々います。
心では気づいていなくても、慢性化したストレスによって肌荒れしたりくすんだり、肌には正直に現れるものです。
肌の調子が悪くなったら、「ストレスのせいかも」と疑ってみる必要があるかもしれません。

ストレスだと自覚したことで、気持ちがスッキリしたり、ストレス解消の方法が見えてきたりして、肌の不調が嘘のように改善する、などということもあります。
いずれにしても、ストレスは抱え込まず、発散したほうが肌だけでなく心身のためになります。

時には自分を客観的に見て、ストレスを自覚してみましょう。